『silent』第3話あらすじネタバレ感想と次回予想

silent 第3話 ネタバレ あらすじ 感想silent

2022年10月20日夜10時00分から、フジテレビ木曜ドラマ『silent』第3を放送。『silent』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想・考察・次回予想をまとめています。

『silent』第3話あらすじ

『silent』第3話あらすじをご紹介します。

管理人
管理人

前回がまだの方はsilent』第2話のネタバレ詳細をチェック!

『silent』第3話あらすじ

青羽紬(川口春奈)と佐倉想(目黒蓮)、どちらも大切な存在だからこそ本当の気持ちを伝えることができなかった高校時代から8年の時が経つ。戸川湊斗(鈴鹿央士)は、今は自分が紬の一番近くにいるという自負と、心のどこかに残る不安を抱えながら過ごしていた。そんな中、紬と想が一緒にいるところに遭遇してしまった湊斗は気持ちの整理がつかない。

想は桃野奈々(夏帆)と一緒にいる時に、一方で紬は春尾正輝(風間俊介)から手話レッスンを受ける中で、聞こえる人と聞こえない人との間にある距離感を、実感をもって感じていく。そんなある日、想はあることのために紬の家へ向かうが、そこに紬の姿はなく…

引用:『silent』公式HP

『silent』第3話ネタバレ

『silent』第3話のネタバレ詳細です。

高校時代の話からです。湊斗の回想であり、紬が想に恋に落ちる瞬間を知りました。想はとても大切な親友。紬は自分の大好きな人。

湊斗にとって2人はすごく好きな人であり仲の良い友達でしたがある日紬が想に振られることを知ります。

***

それから時は少し流れ、湊斗は紬と再会。そこで紬が社会人として頑張ってる事や仕事で無理してる様子を見ると湊斗は心配するのでした。

セクハラをされながら、人の仕事もいいように振られ辛そうな紬に対し、そんな事はしなくていいと普段怒らない湊斗が怒りを見せます。

その言葉で紬はようやく辛い現実を認め涙を流し、退職を決意することが出来ました。それから2人は徐々に会うようになり、湊斗は想い人である紬と結ばれるのでした。

それから紬は自分の好きなバイトを見つけ今のレコード会社で働いています。心のどこかで湊斗はここに想がふらりと来ないでくれと願いながらも今を迎えます。

***

そして今、受話器越しに紬と話す湊斗は彼女が想といるところに出くわしました。想に呼びかける湊斗でしたが想はその場を去り、戸惑う紬からも離れて湊斗は少し怒って帰ってしまいます。

想に湊斗から電話が来ますが話せない為それに出る事はなく、奈々と過ごしていました。紬は引き続き手話教室に行き春尾と話しますが、そこで春尾が手話を始めたきっかけと聾者同士で結婚することが多いと言う話を聞き紬は微妙な表情をします。

湊斗を心配する光は彼に会い、想の事は気にしなくてもいいと元気づけるのでした。

***

ある日紬がバイトでゴミ出しをしていると、偶然想と出会います。終わるまで待ってると言う想と合流した紬はゆっくり話すことになりました。

そこで想は湊斗と紬が付き合ってる事を確認し、湊斗に悪いからこれ以上2人で会うのはやめようと言います。

そんな想に紬は今はもう湊斗の事が好きだから大丈夫と返しました。だから想の事は好きじゃないと言うと彼は複雑な表情をしながら了解し帰ります。

***

湊斗は春尾と会い、想と再会した事を話しました。想の元には妹の萌が訪れ、紬にずっと病気の事を隠していたのを謝ったらとアドバイスされます。

その後、紬に想から連絡があり想が湊斗に会いに来た事を聞きました。急に想が訪れ戸惑う湊斗でしたが、改めて再会できたと話します。

しかし当然普通に話しかけても今の想には聴こえるはずもなく未だ想の耳が聴こえない事を認めたくないと思わず湊斗は涙しました。

聴こえてないとわかっていながらもそのまま続け、聴こえなくなったから紬と別れたのか何で自分に相談してくれなかったのかと心から悔しそうに思いの丈をぶちまけます。

***

高校時代、湊斗は想を見つけると後ろから呼びかけ、想が聴こえないふりをしてからかっていた時のやりとりを思い出していました。

ようやく紬が合流し2人に話しかけるも湊斗は泣きながらその場を飛び出してしまいます。追いかけた紬に湊斗は、まだ紬が想の事を想ってると怒ってた方がずっと楽だった。

友達の病気を受け入れるより。そう言いながら、あの頃の様に想にただ振り返って欲しかっただけとその場で泣き崩れます。

紬もまた、目から涙が止まらずにいました。

『silent』第3話の感想と考察

『silent』第3話の感想考察をご紹介します。

20代女性
20代女性

紬がまだ正社員として働いていたときに、紬の限界に気がついて、それを救い出したのは湊斗だったんですね。

 

何か無理に聞いてくる感じもなくて、自然に話を聞いてくれて、少しでも元気になれるように動画を見て待っててって優しく言ってくれる感じが、すごく素敵でした。

 

たしかに湊斗やその周りの人からしたら、佐倉くんとの再会は喜ばしくないし、色々と思うところはあるけれども、やっぱり佐倉くんと紬が会話しているところを見ると微笑ましくなっちゃいます。

 

それにもう手話で普通に会話できるようになっている紬が凄い。

30代女性
30代女性

湊斗は親友の想と好きな紬が付き合うことに複雑な感情を抱いていました。同窓会で再会した湊斗は紬が仕事のことで悩んでいることを知り励ましたりアドバイスをしたり寄り添っていて紬は救われたんだなと思いました。

 

しかし紬と想が一緒にいるところを見ると辛い気持ちになったのは悲しいなと思いました。ろう者同士の結婚が8割なのは知らなかったです。

 

想は紬と湊斗の仲が悪くなるのは嫌だから会わないと言ったけど今好きなのは湊斗だからと言われると少し悲しそうに見えました。

30代女性
40代女性

耳が聞こえなくなってしまった目黒蓮さんが一番辛い思いをしているのは分かっているのですが、そのことを3年経って知った鈴鹿央士さんの苦しみが痛いほど伝わってきました。

 

川口春奈さんと付き合っていても、ずっと頭のどこかに目黒蓮さんのことが頭にあったと思います。

 

実際に目の前に現れて、気持ちをどうぶつければよいのか戸惑っていて、言わなくてよいことまで言ってしまい、目黒蓮さんや川口春奈さんの前で泣いてしまうのは最悪だと分かっていたはず…。泣くのを

 

止められなかった切ない気持ちが伝わってきました。

30代男性
40代男性

今回の話は、主人公の紬と佐倉の距離感が気になって見ていました。特に紬が手話を覚える様になってから、今まで知らなかった現実を紬自身が知って考え方に変化が出てきているのが印象的でした。

 

そんな中で佐倉の家族の母の律子と妹の萌が、紬の事で言い合いになっていたシーンが少し気になりました。そして紬と佐倉が手話の中で湊斗について話していた中で、お互いの考え方に違いが出ていたのが印象的でした。

 

そんな中で湊斗が佐倉に対して自分の気持ちをぶつけていたシーンは、湊斗の複雑な心理状況が良く分かりました。そして今後の展開を左右していく事になるのだろうなと見ていて感じました。

30代女性
50代女性

今日もまた切なくて…切なくて胸が苦しかったです。予告を見てからてっきり想に紬が会ってたことで、湊斗が想に怒鳴ってると思ってましたが、それよりも何十倍も切ない理由で怒鳴ってたんだと知って、たまらない気持ちになりました。

 

主成分優しさで出来ている湊斗だからこそ、想の病気を受け入れるのが難しかったんだと思います。でも湊斗にも「怒」の感情がちゃんとあるのは、ちょっとだけ安心した部分でもありました。

 

ここからの3人の展開が気になります。

『silent』次回予想

『silent』次回予想(第4話)をしていきたいと思います。

あのとき、何で自分に何の相談もしてくれなかった。大好きな親友なのにと悔しさを滲ませる湊斗。まただから紬と別れたのかと言う複雑な想いを抱えながら過ごす事となります。

しかしその中でモヤモヤとした想いはやがて抑えられなくなり、湊斗は紬と少し距離を置くようにするのではないかと予想します。

また紬の方は今はもう自分は湊斗の事が大好きで、想の事は何とも思ってない。好きじゃないと自分に言い聞かせながらも仕方がない様です。

敢えて本人に言う事でそれを事実にしたかった様ですが少しずつ気持ちと行動にズレが見え始めると思います。

silent
こけしをフォローする
路地裏ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました