知床観光船(KAZU1)の浸水事故は人災「金に目がくらんだ」

知床観光船浸水事故

2022年3月23日午後1時15分北海道・知床半島の沖合を航行中の観光船「KAZU1(カズ・ワン)」の乗客院から118番号通報がありましたが、乗員・乗客26人が行方不明になっています。なぜ知床遊覧船(カズワン)が浸水事故が人災(金儲け)であったのか深堀していきます。

謎の空白時間「見殺しは保険金狙い」

知床観光船(KAZU1)の浸水事故は人災「金に目がくらんだ」

知床観光船(KAZU1)の乗客24人の中には2人の子供が含まれていました。知床観光船に乗って、たくさんの自然を味わい動物達との出会いを楽しみにしていたと思うとやりきれません。

知床観光船の浸水事故について、気になる投稿を見つけました。知床観光船KAZU1は、他の知床観光船会社のどこよりも早い時期に船を出していたようです。

観光サイトを見ると知床の観光船ってGWから運行するのが普通でこの運行会社がフライング気味なんですよ。時期合わせてたら他の船に救助されたかも。。ってことを考えると儲けに目が眩んだと邪推もできる。

やっぱ儲けに目がくらんだか?客はせっかく遠方から来たからとかまだ知床連山の残雪もあり運が良ければ島民から覚めた海岸のヒグマ達でも見せたかったのかな?

海へ一気に落ちる大滝の水は雪解けの冷たさ!流水も去っても冷たい海水!まず助かるのは運だけかと。

GWあちこち出かけたい方!悪のり禁物

実際、知床観光船について観光サイト「じゃらん」の予約可能日を調べてみました。

【知床観光おーろら】

知床観光船おーろらは、じゃらんの知床観光船の中でランキング1位の会社です。

大型船の知床観光船おーろらでさえ、一番早い予約枠のあるコースでGW前日4月28日から予約可能となっていました。


【知床クルーザー観光船ドルフィン】

引用:じゃらん

知床クルーザー観光船ドルフィンを運営する会社の予約枠を見てみると、KAZU1の浸水事故の起きた4月25日に予約枠はなく、GWの4月29日以降から予約が可能になっていました。

また、その他の知床観光船

  • 株式会社知床アルラン
  • (有)丸は宝来水産ゴジラ岩観光知床半島ラウスクルーズ
  • 一般社団法人 網走市観光協会
  • 観光船なます
  • 知床世界遺産クルーズFOX号

なども調べてみたところ、ほとんどの観光船会社では4月29日から予約可能となっていました。

大型船でさえGW前日からしか予約枠をとってないことを鑑みると、浸水事故を起こした知床観光船KAZU1は、明らかにフライング気味であることが分かります。

他のライバル会社がいない時期、少しでもお金儲けをしたいがために予約可能にしていた可能性は否定できません。そうなると、明らかに人災の何物でもありません。

会社の金儲けのために、子供2人を含む24人の乗客が命を落としてしまっていたら―絶対に許すことはできません。

知床遊覧船「40年以上の瀬戸内仕様オンボロ船」

【追記】知床遊覧船KAZUI・地元住民の話「4月29日からという取り決めだった」

知床遊覧船KAZUIの事故翌日、2022年4月24日放送「サンデージャポン」放送内容で、地元住民の新たな証言が報道されました。

地元住民の話によりますと、観光船を運営している4社からなる知床小型観光船協議会が、何かあったとき助けに行けるために足並みをそろえて4月29日から運営するという話だったそうです。

しかしながら、今回の運営会社のみ事故当日の昨日(4月23日)から運行していました。

また、漁船関係の船も朝の10時以降から天候が荒れるという認識だったため帰港していることから、知床遊覧船を運営する会社のみが強行して運行したことは否めないとのことです。

(地元住民の話)

他の会社に比べると荒れた波でも出向しがち

知床遊覧船KAZUIの会社は、他の3社からなる協議会で取り決めしているにも関わらず取り決めを破り運行したとなると大問題です。

24名の乗客は、会社に命をうばわれたのと同じです。他の漁船が助けにこれないことを分かっていたのですから乗客の命は二の次だったことが明らかになりましたね。

責任をどうとるのでしょうか。

知床遊覧船「40年以上の瀬戸内仕様オンボロ船」

KAZU1の口コミ「不誠実すぎるサービス」

観光客を危険にさらす会社はどのような会社だったのでしょうか。

知床観光船KAZU1を運営する会社の口コミを調査してみました。


知床遊覧船KAZU1

住所:〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東53

Googleマップの口コミを見てみると、乗客に対してサービス心のない、極めて気遣いのできない不誠実な対応をされた方がいました。

観光客への配慮、サービスがかけてます。
座席の説明もなし、トイレはあると言っても、トイレに行くタイミングも無い。気遣いがないのは残念。

1万円以下とはいえ、安くないお金を払っているのだから、座席の説明もしてくれないなんて、客を金儲けにしか考えてないのでしょう。

ネット予約を完了させたのに、到着してみると予約人数が最低人数に達してなかった為キャンセルと言われました。

連絡もいただけなかったのでガッカリ。予定を組んで行ったので結局クルーズには参加できませんでした。

電話番号も書いたのだから電話で前もって連絡して欲しいものです。

いやいや、知床観光船KAZU1のネット予約を完了して、尚且つ電話番号も記入しているにも関わらず、最低人数に達しなかったからって予約キャンセル?!

会社都合でキャンセルなのに、予約客に前もって連絡しないって…ケータイ持っていて当たり前の時代にありえません。

観光客のことをもてなそうと言う気は一切ないことがよく分かります。乗客に対する態度からみても、今回の知床観光船KAZU1のフライング予約を募集する姿勢に納得がいきますね。

謎の空白時間「見殺しは保険金狙い」

知床遊覧船(カズワン)の浸水事故概要

知床遊覧船「カズワン」浸水事故の時系列まとめ

午前10時00分
知床遊覧船「カズワン」が北海道斜里町ウトロの港を出港
(知床半島先端の知床岬で折り返し、午後1時に帰港予定)

午後1時00分
帰港予定の午後1時を過ぎてもカズワンが戻らない

午後1時15分
カズワンの乗員から海上保安庁へ「船首部が浸水し沈みかかっている」と118番通報
↓↓
海上保安庁より巡視船6隻、航空機2機を派遣(北海道放送によると航空機は4機)

午後4時30分
ヘリコプター1機が、現場の斜里町の「カシュニの滝」の周辺海域に到着し、探索開始。潜水士が2名帯同。

午後6時前
巡視船も現場海域に到着し、船体を捜索。

午後6時過ぎ
日没

午後7時40分
第一管区海上保安本部は、航空自衛隊に災害派遣を要請。受理される。

知床遊覧船「40年以上の瀬戸内仕様オンボロ船」

118番通報「海上での事件・事故の緊急通報用でんわ番号」

118番とは、日本における海上での事件・事故の緊急通報用電話番号。

今回の知床観光船KAZU1の浸水事故で初めて知った方もおられると思います。

海で何かあった事件や事故にあってしまったとき、すぐに電話できるように覚えておきましょう。

海難事故は絶対に118のほうがいいです。
焦って110とか119にかけても消防や警察が到着して救助活動したのち、ほとんどが海保に連絡してます。
その時間ロスで命取りになった人を何人も見てます。
もっともっと広まってほしい。

 

謎の空白時間「見殺しは保険金狙い」

【追記】知床観光船(カズワン)家族の心境「モーニングショー」

4月25日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」では、「カズワン」に息子が乗っていたという男性の家族の話が放送されていました。

息子さんは会社の上司と、先週金曜日4月22日から知床観光へ行っていたとのこと。観光船が消息を絶った日の朝、メールを最後に連絡が途絶えたのです。

(メールが来たのが)土曜の朝です。
朝食の写真と。これすんだら出発するねって。
今から行ってきますって。写真いっぱい撮ってくるねってメールが最後でした。
(どんな息子さんでしょうか?)
やっぱりみんな親バカだから自分の子供はよかったというでしょうね。
男性は息子さんから遊覧船に乗るとは聞いていませんでしたが、もしかしたらと思ってすぐに九州へとかけつけたそうです。
その後、カズワンの知床遊覧船の社長の説明会に足を運んだとのこと。

説明会の様子は、以下の記事でご覧いただけます(経営コンサル記事)

コメント

タイトルとURLをコピーしました