『どうする家康』第17話あらすじネタバレ感想と次回予想

どうする家康 第17話 ネタバレ あらすじ 感想どうする家康

2023年5月7日20時から、NHK日曜ドラマ『どうする家康』第17を放送。『どうする家康』第17話のあらすじ・ネタバレ・感想をまとめています。

『どうする家康』第17話あらすじ

『どうする家康』第17話あらすじをご紹介します。

管理人
管理人

前回がまだの方は『どうする家康』第16話のネタバレ詳細をチェック!

『どうする家康』第17話あらすじ

信玄(阿部寛)は徳川の拠点を次々に制圧。打つ手のない家康(松本潤)は、信長(岡田准一)の本軍が加勢にくるまで浜松城に籠城すると決める。

だが、浜松に攻め寄せてきた武田本軍は、なんと浜松城を素通りし、西へ向かおうとする。

このまま武田軍を通せば、瀬名(有村架純)ら家族のいる岡崎城が危ない。打って出るべきか、籠城を続けるかーー。家康は究極の選択を迫られる!

引用:『どうする家康』公式HP

『どうする家康』第17話ネタバレ

『どうする家康』第17話のネタバレ詳細です。

元亀3年。とうとう武田信玄が家康を討ち取る為に動き出しました。三河では久松長家や、家康の家臣達も覚悟を決めた様子で続々戦の支度をしています。そして家康の息子である信康も瀬名達に見守られながら戦に向かうのでした。

***

20日が経ち、難攻不落と言われた高天神城が武田に落とされ次の城を落とされると家康の喉元に来る模様。本多忠勝は叔父の忠真の体の限界を案じつつも、何とか敵将を撃破します。

しかし武田の軍は信長の近くまで来てますが、織田の援軍が来るのか不安ななか水野信元が信長は来れないと伝言をしに来ました。そこで家康は水野に啖呵を切り、信長を鷹狩りをしようと呼び出す様伝えます。

***

すると後日、信長は家康のもとに来て話し合いとなりました。交渉の末に援軍は3000しかないと信長は応えました。食い下がる家康ですが、信長からはしけた顔をするな楽しめと言われます。

「俺とお前は一心同体、ずっとそう思っておる。信玄を止めろ、俺は必ず行く」と言い一ヶ月耐えれば自身が援軍に行くと信長は去りました。

呆然と立ち尽くす家康。

***

その後、家康は瀬名に会いに行きます。瀬名は信康の事に触れその身を案じており、家康にも同じ事を思っていました。

しかし弱気ではいられないと、うさぎの置物を瀬名に渡しこれが自分の弱い心だから置いていくと言います。そしてこの場所には指一本触れさせぬと誓い、瀬名はこの置物を取りに来る日を待っていると返すのでした。

***

そして戦は始まり、予告どおり信長の援軍を得た家康は包囲してきている武田軍を打ち破ると話し合いをします。信長は相手にしている浅井勢を打ち破り早急に家康の元に来る手筈。

浜松の町は大騒ぎとなり、武田は自身の弱さを知る家康の才覚を十二分に認めつついよいよ攻め入る事となりました。

全力で迎え撃つつもりの家康ですが、武田軍は何故か浜松を通り過ぎる行軍を開始。儂はここにおるぞ、かかってこい!!と叫ぶ家康です。

しかしそれを尻目に家康の動揺を誘う武田でした。家康達はこのままほうっておくと士気にも影響があり、このままでは岡崎を落としてしまうと言う事で家康は決断を迫られます。

***

追って攻める派とこのまま信長の言う通り籠城する派。家康は一つだけ武田に勝る点があるとすれば浜松を熟知している事。

下した決断は、三方ヶ原に差し掛かる武田を後ろから攻める事としました。全速力で武田軍を追いかける家康軍。

追いついたかと思ったその場所では武田の大軍が待ち構えています。不敵な笑みを浮かべ、武田は全軍で家康に襲いかかるのでした。

しかしその結果は大惨敗。戦の様子を独り密かに見に来ていた井伊直政は驚きの顔を隠せない様です。そして家康らしき首がぶら下げられ武田軍が練り歩くのでした。

『どうする家康』第17話の感想

『どうする家康』第17話の感想考察をご紹介します。

20代女性
30代女性

今までインパクトあるビジュアルで目を引いていた武田信玄がようやく本格的に登場してきたことでワクワクさせられました。家康が信長と対面し、2人でしっかりと語り合うシーンも信長の男らしさが感じられてグッときました。

 

とても強力な相手を前に家康が難しい判断を迫られる中でも、冷静に対処しようとする家康の姿は若かった頃とは違い、少し成長したようにも思います。

 

戦で本多が血まみれになりながら虚勢を張るところは彼らしくて面白かったです。戦はお互いの駆け引きもありやはり大河ドラマらしくワクワクします!

30代女性
50代女性

このドラマが始まった頃はCGが安っぽい、演技がどうの等の評価も多く見られましたが、歴史に浅い私が分かりやすく楽しめる描写になってるのはありがたいです。

 

今回の最初の感想は武田信玄軍の衣装の鮮やかさ。誰も勝てる気がしません。そして向かってくるかと思いきやまさかのスルー後の迎え撃ち作戦、家康はどうなっているのか?勿論主人公ですので、、なんですがどのように切り抜けたのか見ものです。

 

過去の人物像と違った表現をしておりますが、今回の優しい家族思いの家康に好感がもてます。そして家康の嫡男も虫も殺せない男の子だったとは、と笑ってしまいました。まだまだ織田信長が天下を取る前ですのでこれからが楽しみでしょうがないです。

30代女性
50代女性

松潤の家康はどんどん様になってきましたね。信玄に勝つために、一ヶ月籠城し、皆が揃ってから出陣作戦はいい作戦だとは思いましたが、まさか信玄がその上の作戦をしてくるとは驚きでした。

 

籠城するつもりが、そのままでは岡崎が危ないと言うことで、戦うことになりましたが、あっという間に終わってしまい、あっけに取られました。

 

家康が死んでないのは知ってるのですが、身代わりに誰かがなったのでしょうか。今回信玄の作戦勝ちということですかね。来週真相が解明されることを期待します。

60代女性
60代女性

武田信玄の頭の良さと軍の強さに震えました。家康は浜松城に籠城して信長の軍を待って挟み撃ちにするという作戦を立てましたが、信玄は浜松城をさけて三方ヶ原に行き待ち伏せしたのです。

 

家康は桶狭間の再現だなどと言いましたが、信玄の方が全て上です。軍は壊滅状態ですが、家康は何とか逃げ延びてほしいです。

 

信長が家康に多くの軍勢をよこさないのは、朝倉との戦いで精いっぱいだからですが、冷たいなと思いました。信玄が尾張に近づくことは脅威なので何とかしてほしいです。

60代男性
60代男性

武田信玄との戦いはまさに徳川家康にとって唯一の負け戦と聞いていましたが、今回は残念なことに全滅のようにさえ見えました。次回でその全容が明らかになるようですが、この勝負はまさに作戦負けでしょう。

 

家康が城に籠って戦えば、おそらく歴史は変わっていたでしょう。しかし血の気の多い部下たちの意見や、自分の面子があったりして、城から出てしまいます。人間のその愚かな面を武田信玄は全て読んでいたとしか思えません。やはり知将だと思いました。

60代男性
60代男性

瀬名姫が戦を嘆く思いもむなしく、家康は、この乱世で弱さは害悪だと告げるのは信玄や信長の意思に翻弄されて家康の白ウサギのような無垢な心が奪われていく無残さを感じさせる場面でした。

 

信玄の戦略は硬軟いずれの作戦も巧妙で、民に食料を与えて懐柔させ、挙句の果てに、千代を使って、家康が遠江を武田にくれてやると決めたという流言飛語を流して人心を惑わすのは、まるで現代のSNSを使った風説の流布のようで、現代のハイブリッド戦争のように巧みで感心します。

 

今回の一番の見どころは、信長から派遣された佐久間と水野が、浜松城に籠城を決め込んで武田と戦いに消極的で、石川や本多らの家康の家臣と対立する場面は見応えがありました。

 

浜松城を通り過ごして家康側の内紛をも見越したような信玄の作戦は見事でした。特に水野にとって家康は甥であり、今川との闘いで家康を援助しますが、風見鶏のような立ち振る舞いに、史実では武田と内通していると疑われ長篠の戦いの後で、信長、家康によって殺されるのが、何とも皮肉です。

 

ドラマでは榊原、石川は無傷の信玄をゆるせば岡崎城も攻められ、家康にとっては瀬名姫、信康も危ないので、三方ケ原で信玄と戦うと決めたのが自然かと思います。

 

しかし幸いにも信玄が亡くなり家康は生き延びますが、いくさという勝負に負けた家康が、長生きしたので、人生には勝ったとも言えます。

『どうする家康』次回予想

『どうする家康』次回予想をしていきます。

まず史実として家康は生きています。今回ぶら下げられた家康の首は影武者を使ってのものでしょう。そして家康や石川、本多と家臣達は何処かに潜み武田の寝首を掻こうとしているのではないかと思います。

なので一旦家康は討ち取られた、もういないという報が行き渡るまで待つのではないでしょうか?かなり待ちに待ってから家康の大逆襲が始まると思いますが、その時が楽しみですね。

信長まで信じさせると思いますがこれこそが家康の狙い。家康はその身を表に出したら短期決戦で、信長の手を借り一気に武田軍を滅ぼすでしょう。

どうする家康
こけしをフォローする
路地裏ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました