広島5歳児死亡事件・小河内保育園と特定「頼りにならない」

広島市西区保育園脱走死亡事故

2022年4月16日広島市西区の保育所の5歳児の男の子が脱走し、数時間後に太田川放水路で発見されましたがその後死亡しました。脱走した5歳男児が通園していた保育園や、口コミなどを調査しました。

和田唱VS奥田民生&ユニコーンファンの真相

5歳児死亡・脱走した保育所は「小河内保育園」広島県西区

春になり、今年最後の保育園での生活が始まったばかりの男の子に、悲しい出来事が起こってしまいました。管理人も小さな子供がいるのでやりきれない気持ちです。保育園を擁護する意見もありますが、擁護は全くもって不要です。

報道によると、5歳男児がいなくなった保育園関係者が、広島市西区小河内2丁目あたりの太田川放水路で横たわっている男の子を発見しています。

保育園から脱走したのは5歳児であることから、脱走した保育園は発見された場所から近くにある保育園と考えられます。

「西区小河内町2丁目」に存在する保育園は小河内保育園のみのようだけど。

実際、地図で調べてみたところ、広島市西区小河内町2丁目には「小河内保育園」しかないこと、また太田川から非常に近い場所にあります。5歳児の男の子が通園していた保育園は、小河内保育園と考えて間違いないでしょう。

小河内保育園から、太田川まで、150mほどしかありません。

小河内保育園の門の写真です。小河内保育園の門の写真を拡大してみると、注意書きの看板があることがわかります。また、門の上縁にはしっかりと施錠がついています。

園児の事故防止の為、門扉は必ず閉めてください。

小河内保育園の周囲は危険だらけ

小河内保育園の門を出ると、すぐに車道になっているうえ、すぐに十字路などもあり、5歳児の男の子が1人で移動するには非常に危険な場所であることがお分かりいただけると思います。

5歳児男児が発見された川は上記の写真をまっすぐ奥手に進んだ先にあります。まっすぐ進むとT字路になっており、先の階段を上ると土手が広がります。

和田唱VS奥田民生&ユニコーンファンの真相

小河内保育園の口コミ「園長が頼りない」

実際に小河内保育園に勤務したことのある保育士や、小河内保育園を知る保育士が投稿している口コミサイトを確認したところ、気になる点がありました。

小河内保育園の口コミ「園長が頼りない」

園長・主任 ★☆☆☆☆1.0
頼りになら…

口コミの詳細は、保育士の資格などがないと見られませんが、園長や主任に対しての点数が5点中1点しかありませんでした。

しかも、「頼りになら…」とまでしか読むことができませんでしたが、先に続くのは文面から見ても「頼りにならない」と分かりますよね…。今回の事故にも少しでも影響があるのではないか?と思わずにはいられません。

小河内保育園の人間関係「キツイ性格の保育士が多い」

人間関係 1.5点
きつい性格の保育士が多く、…
※追記:小河内保育園は市立保育園のため、定期的に人事異動があるため、投稿者が勤務していた際の状況だと思われます。

5歳男児脱走・死亡事故の事件概要(広島県西区)

警察によりますと、16日午後0時半ごろ、保育園の関係者から男の子の姿が見えなくなったと110番通報がありました。 その後、午後2時40分ごろ、探していた保育園関係者などが、広島市西区小河内町2丁目あたりの太田川放水路で横たわっている男の子を発見。病院に運ばれましたが、午後3時45分ごろ、死亡が確認されたということです。 発見時、川の水は干潮でひいていたということです。 亡くなったのは広島市西区の5歳の男の子だということで、警察がいきさつを調べています。はっきりとした外傷は確認されていないということです。

引用:Yahoo!ニュース

小河内保育園・脱走原因「勤務怠慢説浮上」広島県西区

口コミによると、小河内保育園の人間関係はキツイ性格の保育士が多いようです。キツイ性格の保育士が多いと、しっかりした園長でないときちんと統制ができません。

頼りない園長故に、保育士同士の連帯も上手くいってなかった可能性が高いです。

管理人の知人は保育園に勤務しており、保育士の実態について話してくれました。

保育士は優しくてかわいい先生のイメージってありますよね。あれは全部…というかほぼウソです。仕事を仕事と割り切らず、人間関係の好き嫌いで物事を捉える保育士というのが一定数いるんです。

そのため、気に入らない先生を無視したり、連絡事項を伝えなかったり、無視をする、そういう保育士もいます。

また、保育士の人数が足りてないと世間では言われてますが、公園保育中に仲の良い保育士同士がおしゃべりに明け暮れてるなんてザラですよ。自分が気に入った子供しか見ないとか、世話が大変な子をあてつけに気に入らない先生に見させるとか…。

私は園長に上記のことを何度も何度も「危険だからきちんと指導してほしい」と伝えましたが、頼りない園長で注意しないんです。

結果、実際に公園で保育中、保育士同士がおしゃべりに夢中だったせいで園児が高い遊具から落ちて頭蓋骨にヒビが入り裁判沙汰になってます。

おそらく、今回の小河内保育園の5歳男児が脱走したのも、きちんと先生同士の連帯がとれてなかったのではないかと思わざるを得ません。

上記の話は、管理人が実際に通園していた保育園の実話です。母校というか、母園…ではありますが、正直こんな保育所はつぶれるべきだと思っています。

実際に、小河内保育園で同様の状況下にあったかどうかは定かではありませんが、なきにしもあらずというところでしょう・・・。

「追記」出勤していた保育士は8名

事件当日の4月16日は土曜日でした。土曜保育となるので希望者のみ保育園へ預けていたことになります。

34名の園児に8名の保育士が出勤だったそうです。
まぁ乳児さんはもう食事に入っていて、園庭遊び中に保育士が何名外に出ていたのかわかりませんが、5歳児なら職員の目を盗んで勝手に開けて出ていくかもしれません…。川も一人で足を滑らせて落ちたのかもしれません。
保育士は外遊び中、給食に入るまで何をしていたのか…と気になります。

園児34名に対し、保育士の人数は適切だったのか?保育士の配置基準について調査してみました。

例えば保育所であれば、0歳児の場合、保育士が配置されるべき人数は概ね子ども3人につき保育士1人以上と定められています。

そして1歳児と2歳児の場合は子ども概ね6人につき保育士1人以上、3歳児は概ね20人につき1人以上、4歳と5歳児は概ね30人につき1人以上を配置しなければならないとしています。

普段よりも少ない土曜保育なので、平日よりも少ないです。

全員が0歳児だと計算してみると、園児34名に対し、24人にしか保育できず足りないということにはなりますが、さすがにそんなことはないですよね。そこで、1歳児、2歳児だと考えると、園児34名に対し、48名見ることができ、余裕があります。

そう考えると、園児34名に対し保育士8人というのは十分な数だったのではないでしょうか??

「追記」5歳男児「ドライブレコーダーは見ていた」

新たな情報が入りました。

警察が現場付近の防犯カメラやドライブレコーダーを調べたところ、事件当時に太田川沿いの河原を一人で歩いている男の子が映っていということです。

5歳児の男の子は、いなくなる直前で園内の庭で遊んでいたとのことで、遊ぶことに集中している中、外への抜け道を見つけてしまったのでしょうか…。ただ夢中になって遊んでいた男の子が、一人で園外に出てしまい死亡してしまったと思うと可哀相でなりません。

今回の報道から、事件の可能性はぐっと下がったことになります。

早く、真実が分かってほしいです…。

和田唱VS奥田民生&ユニコーンファンの真相

コメント

  1. ゆうくん より:

    私のツイートを無断で画像化し掲載しておられますが、少なくともTwitter社の規約に従い、「埋め込み」にて掲載願います。

    https://help.twitter.com/ja/using-twitter/how-to-embed-a-tweet

    • こけしこけし より:

      ゆうくん様
      無断掲載失礼致しました。ツイッターからの埋め込み引用にさせていただきました。

  2. 保育園に通わす親より より:

    掲載内容を読んで思いましたが、此方の保育園は市立保育園なので定期的な人事異動があり、記載のような人間関係的なことを書くには如何なことと思いますが!
    他人の意見を引用して責任逃れをされていますが職員の方に失礼だと思います。
    非を取るので有れば園の施設管理責任で、マスコミも書かない、ネットでしか補修できない予算配分をする市側責任をもっと深掘りする内容のほうが本質ではと思います。

タイトルとURLをコピーしました