『ファーストペンギン!』第9話あらすじネタバレ感想と次回予想

ファーストペンギン 第9話 ネタバレ あらすじ 感想ファーストペンギン!

2022年11月30日夜10時00分から、ドラマ『ファーストペンギン!』第9を放送。『ファーストペンギン!』第9話のあらすじ・ネタバレ・感想・考察をまとめています。

『ファーストペンギン!』第9話あらすじ

『ファーストペンギン!』第9話あらすじをご紹介します。

管理人
管理人

前回がまだの方はファーストペンギン』第8話のネタバレ詳細をチェック!

『ファーストペンギン!』第9話あらすじ

永沢一希(鈴木伸之)が戻って来たことに、岩崎和佳(奈緒)とさんし船団丸の漁師たちは驚きながらも大喜び!

その頃東京では、片岡洋(堤真一)が「もうワシの居場所はあそこにはない」と、息子・琴平祐介(渡辺大知)がパートナー・楽(大貫勇輔)と暮らすマンションに居座っていた。

片岡がいない間も、お魚ボックスの注文は殺到しており、漁師たちはなんとか片岡の穴を埋めようと大忙し。

そこに波佐間成志(小西遼生)が現れ、「お魚ボックス」用の血抜き作業を手伝ってくれることに。パーフェクトに仕事をこなしていく波佐間は、片岡の代わりをいとも容易く務めて、皆の信頼を得ていく。

そんな中、波佐間は和佳に「浜の船団を一つの会社にまとめませんか?」と大胆な提案を持ちかける。

こうして片岡不在の中、波佐間と手を結んだ和佳は、浜尻公平(高杉亘)ら他の船団の漁師たちも巻き込み、「浜の一企業化」実現に向けて動き出すが…!?

一方、急接近する和佳と波佐間の様子に、モヤモヤを募らせた永沢は、片岡を連れ戻すべく、“ある行動”を起こし…!?

引用:『ファーストペンギン!』公式HP

『ファーストペンギン!』第9話ネタバレ

『ファーストペンギン!』第9話のネタバレ詳細です。

やっと東京から帰ってこれた片岡。しかし波佐間がみんなからチヤホヤされているのを見て、そのまま入ってこずに行ってしまいます。代わりに入ってきたのは何と永沢。

驚く和佳ですが、理由は永沢は愛奈の父親じゃなかった事が判明しました。永沢と何度も喧嘩別れしてる間、愛奈は密かに別の男性と会っていてその間に出来た子供との事です。

結果はどうあれ、助かったという和佳は思わぬ形でまた永沢を受け入れることに。

***

一方片岡は再び東京に戻り、琴平と恋人の楽の所にまた世話になっていました。琴平が気を利かせ和佳に連絡しますが、波佐間と手を切らない限り絶対戻らん!と片岡は言い2人は喧嘩してしまいます。

その後和佳は溝口に波佐間から新鮮オーガニックスを紹介してもらったと報告するも、何故か怪訝な顔をしていました。

どうやらこの会社には何かありそうな様子。これから新鮮オーガニックスと契約をするにあたって、和佳に呼ばれた波佐間は片岡不在を聞き漁を手伝うと申し出ます。

また、血抜きは慣れない永沢がやった為にお客様達はいつもより新鮮な魚じゃないと指摘がありました。波左間が手伝った魚の血抜きも完璧で、漁の手際もよくみんな助かってると言います。

そんな波左間は和佳に、おさかなボックスをさんしだけでなくこの浜全体でやりませんかと提案。潰れてしまった東北の港で育った彼は、日本の浜を救うため一つの会社にして僕と一緒にやりましょうよと言う言葉に考え込む和佳でした。

***

波左間の存在は杉浦たちの耳にも入る事になり懸念しています。和佳達は波左間の先導で、他の漁師たちにさんしが頭で一つの会社のトップとなり一緒にやらないかと説明。

みんなが戸惑う中そこに杉浦が来ますが、波左間が間に入って鮮やかに反論をして追い返しました。そんな姿を見た和佳は心配しますが、波左間は漁協なんかなくたっていいと言います。

しかしその考えとは違い漁協も含め、みんなで幸せになりたい和佳と波左間との間で少し溝ができてしまいます。それを見ていた永沢は、何か嫌だ!と言ってみんなと共に琴平の元を訪ねました。

***

むりやり片岡を連れ去ってみんなで説得。永沢は片岡にどうしても戻ってきて欲しいと言い、どうしても波左間を好きになれないと言います。

彼は悪くないんだけど、和佳が言い負かされたりしてらしくないと波左間といる和佳が好きじゃないと言うのでした。そして何より、今まで共に苦労して頑張ってきたのは片岡だと。

それを聞き、ようやく帰る気になった片岡。溝口に呼ばれた和佳は、新鮮オーガニックスの事を聞かれます。中国などの外資で構成されたこの会社が浜を牛耳ろうとしていると危惧していました。

***

外国が日本の海を手に入れると言う事がどれだけ危険な行為かと。この会社がやっている事は、国も認めていない限りなく犯罪に近い脱法行為と言う言葉で和佳がさんしに帰ってくると、片岡も戻ってきました。開口一番謝ったのは和佳。「ごめんなさい片岡さん。私、この港を売り渡してしまった」と。

 

『ファーストペンギン!』第9話の感想と考察

『ファーストペンギン!』第9話の感想考察をご紹介します。

20代女性
20代女性

永沢くんはアイナさんとは上手くいかなくて戻ってくるんじゃないかなって薄々思っていたというか、期待していたけれども、子供自体も浮気相手の子だったって辛いですね。

 

それでもアイナさんがやっぱり永沢くんが良いんだって言ってくれれば、他人の子だろうと永沢くんは育てたと思うし、結婚もしてくれたと思うけれども、結局浮気相手に取られるって、本当に可哀想だったし、見ているこっちも悲しかったです。

 

そして永沢くんが戻ってきて、離れている間に色々と変わっている事が寂しいって言葉を聞いて、やっと片岡さんの気持ちが分かった気がする。

30代男性
30代男性

さんしのリーダーである片岡がいない方が上手く回っていると皆が感じていたのが可笑しく、もし永沢が浜に戻っていなかったならば片岡を連れ戻そうとは誰も思わなかったのかなと感じました。

 

波佐間のなんでも出来てしまう才能と語る言葉の自信満々さが全てを飲み込んでしまう凄さに和佳が押されっぱなしとなっているのが残念で、たった1人違和感を感じた永沢の感覚は鋭く、腹黒く動く辰海でも資金力がある波佐間を排除できるかは微妙に思えてしまいました。

 

全ての責任は改革を急ぎ過ぎた和佳にある構図となっているのが心配で、最終回はどんな風に締め括るのか予想できません。

30代男性
40代男性

今回の話は、さんし船団丸が大きくなっていくからこその、様々な悩みが出てきたなと思いました。特に波佐間の存在によって様々な人達に変化が出てきたのが印象的でした。

 

そんな姿を見ていた片岡があまり良く思っていなかったのと、波佐間に対して疑いを持っていた人達がいるのも気になりました。そんな中で主人公の和佳は、波佐間の漁業は潰れても良いと話していた事に、違和感を感じていたのが印象的でした。

 

そしてその様子を見ていた永沢の言い分は理解出来ました。そして片岡を説得していたのが印象的でした。今回の話を見ていると、さんし船団丸に如何に片岡が必要なのかが凄く理解出来ました。

30代男性
40代男性

片岡がいない間に和佳は波佐間の協力を得て、会社の資金難を乗り越えます。さんし船団丸の借金を全部肩代わりしてしまうなんてすごいです。いい人そうに見えますが、なんか裏がないのかちょっと気になります。

 

片岡はちょっと意地になってしまって戻るに戻れない状態ですね。そんな中、永沢が会社に戻ってきました。こちらも彼女との間にいろいろあったようです。人生いろいろですね。

 

さて、浜の船団を一つの会社にまとめようとする動きが加速して、果たしてどうなるか?いい感じだと思ったけど、やっぱり裏があったんですね。なんか恨みを元に動いているのがいやです。果たして取り戻せるのか、最終回が待ち遠しいです。

30代女性
50代女性

片岡の夢を叶えたいと思って浜を一つにすることに決めた和佳でしたが、まさかあんな大きなデメリットがあったなんて思いもしませんでした。

 

今まで漁協は何のためにあるんだろうとずっと思っていましたが、あんなに大切な役割があったんですね。ただみんなが幸せになれると信じていた和佳の落胆を思うと胸が苦しくなりました。

 

ただ片岡が戻ってきてくれたから、きっと大丈夫!そう思います。永沢くんが大好きな社長に戻れると信じています。

30代女性
50代女性

波佐間は魚の裁きも手際よく、頭もよく親しまれ、浜を一つにしようとしてましたが、なんだか私も永沢と一緒の気持ちでした。片岡がいない間にここまでしていいのか、漁協を潰す事を何とも思わないやり方がすごく嫌でした。

 

確かに浜を一つにする事は金銭面でも、内面でもいい事は多く、片岡の夢が叶うかもしれませんが、何か喉に使えるものがありました。それは永沢の言葉で気づきました。

 

知識をたてに押詰められると納得して和佳が言いくるめられてる所、いつもの和佳ではない違和感だったのですね。結局頼る所は片岡って所がやはりさんしの仲間ですね。

 

溝口が波佐間の名前を聞いて顔をしかめていた先にはそんな大きな問題があったとは、怪しくも思ってましたが、そこまで危ないことになっていた事に驚きです。

『ファーストペンギン!』次回予想

『ファーストペンギン!』次回予想(最終話)をしていきたいと思います。

波左間との出会いによって大きく前進する事になったさんし船団丸と和佳。その波左間の人柄は凛として頭もよく、肉体労働の手伝いまでしてくれ完璧な人間。

そんな彼が紹介する新鮮オーガニックスによって窮地のさんしは救われたはずですが、裏には海外のきな臭い陰謀が隠れているとの事です。

これから和佳は漁協と手を結び、本当の意味でこの浜を守るために戦う様です。もう契約をしてしまった以上、何をどこまで出来るのかは限られるかもしれませんが国を巻き込むしかないのではないでしょうか。

これは国家を揺るがす恐れのある詐欺行為だと言う形に持っていけば光は見える気はします。ここで杉浦がどういう協力をできるかは見えてこないですが、自分の立場を守りたい気持ちを突いて動かすのではないかと思います。

ファーストペンギン!
こけしをフォローする
路地裏ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました